自然の家の様子

2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
折々の自然の家の様子をご紹介します。
橋作り

2013年3月19日(火)

今日は甲府の最高気温が27℃と
とても暖かい一日でした。。
清里も20℃近くまで気温が上がり
だんだんと春の訪れが感じられるようになってきました。
今日は、ナイト追跡の東コースの入り口にある
川を渡るための橋を作り直しました。
端の方がくさっていた古い橋を取り
新しい、丈夫な橋を架けました。
来年度も皆さまが安全に、楽しく利用できるよう
職員一同、準備をおこなっています。
星空への紹介

2013年3月16日(土)

今年度最後の事業
「八ヶ岳星空への招待」の3回目をおこないました。
今回は「八ヶ岳フォトミュージアム」の方々に講師をお願いし 50名の参加をいただきました。
天文写真に焦点を当て
参加者みなさんがそれぞれカメラを使って
八ヶ岳の美しい星空を撮影しました。

今年度の主催事業はすべておわってしまいましたが
来年度も、今年以上に充実した主催事業をおこなっていきます。
沢山の方の参加を心よりお待ちしております。
ツリークライミング

2013年3月1日(金)

3月になり、自然の家周辺もだんだんと暖かくなりました。
今年度ももうすぐ終わりですね。
遅くなりましたが、先月23日〜24日にかけておこなわれた
主催事業「スノーシューを体験しよう」の様子をご紹介します。
ツリークライミング

ツリークライミングとは…
『世界で』おこなわれている安全な木登りというキャッチフレーズのもと
ツリークライミングジャパンという団体の方々がおこなっているものです。
木登りといえば、手を使ってよじ登っていくイメージですが
ツリークライミングはロープを使って登っていきます。
高いところでは、7〜8m位あるので
普段とは全く違った景色が見えます。
一度にたくさんの人はできないので
それ以外の人はツリーボートと呼ばれるハンモックのようなものや
ロープを木にかける際に使う道具を体験しました。
また、アニマルトラッキングと言って
動物がいた“跡”をさがしに
スノーシューをはいて、雪が積もる森へと出かけていきました。
ツリーサークル

体験の最後には、講師の方々のデモンストレーションを見せていただきました。
ツリーサークルと言って、登っている人と木が手をつなぎ
木と一体になるアクティビティーです。
ツリークライミングは早く登る、高く登ることが目的ではなく
木と友達になる、木と触れ合うことが目的です。
参加者の方々も、悪戦苦闘しながらも
木と親しめていたように見えました。
かんじき作り

夜は、昔のスノーシューである「かんじき」を
家庭でも簡単に手に入る材料で作りました。
ロープを巻く作業は大変ですが
子どもたちがヒモ結びに親しむきっかけとなりました。
スノーシュー体験

2日目はメインイベント「スノーシュー体験」を行いました。
まず前日に作ったかんじきをはいてみました。
自分で作ったもので雪の上を歩けるというのは感動的でした。
その後スノーシューに履き替え、野草の丘を目指しました。
野草の丘は一面雪が敷き詰められているので
みんなで歩いたり、ソリ遊びをおこないました。
一面雪の世界は、子どもたちには珍しかったようで
みんな家族で楽しんでいました。
普段は膝まで埋まってしまうような森の中でも
スノーシューをはいていればどんどん歩いて行けます!!
終わりの会

終わりの会の前には、豚汁を食べて体を温めました。
みなさん疲れていたので、豚汁が体にしみていました!
長いようで短い1泊2日でしたが
参加者の皆さんも満足していただけたようでした。
スノーシューは毎年やっていますし
ツリークライミングも来年度の事業で行うか検討中です。
来年度も楽しいイベントをどんどん考えていますので
是非参加していただけたらと思います。
トップページへ戻る